FAQ・よくあるご質問

このページでは、Yuccaのパターンに関するFAQを (1) 編み方・技法のFAQ、(2) 靴下編みのFAQ、(3) その他のFAQ、という順番でご紹介しています。

ご購入方法・ダウンロード方法に関するFAQ→ ravelry編はこちらSTORES編はこちら

リクエストフォームより、掲載希望のリクエストを受付中です。


(当サイト内のテキストの転載はご遠慮ください)

1. 編み方・技法のFAQ


Q 1-1: 「すべり目」「浮き目」について迷ってしまいます。

Created with Sketch.

A: YouTube動画をご用意しています。https://youtu.be/zRvbvsipKzA

基本のステッチのプレイリストもあわせてご覧ください。

Q 1-2: 「引き返し編み」「段差」「段消し」とは何ですか?

Created with Sketch.

A:「引き返し編み (short rows)」とは技法の名称で、靴下ではかかとを立体的に形作るときによく使われます。「段差」とは、引き返し編みをしたときに編地にできる段差のこと。その段差を目立たないように処理をする方法を日本語では「段消し」と言います。YuccaのYouTubeチャンネルでは、[Yucca] German Short Rows / ドイツ式引き返し編み を紹介しています。引き返し編みにも様々な技法がありますので、より詳しい解説は図解付の書籍などでご確認ください。

Q 1-3: 「段」と「周」のちがいは何ですか?

Created with Sketch.

A: 日本では往復編み/輪編み、どちらの場合も「段」で数えますが、英文パターンでは、往復編みの場合に「row=段」、輪編みの場合に「round=周」といいます。文章パターンの場合、この呼び方のちがいによって、その解説が輪編み・往復編みのどちらを示しているのかを、一目で把握できるところが便利なので、Yuccaのパターンの日本語版では、roundの対訳は「周」、rowの対訳は「段」としています。(最初から最後まで輪編みのみのパターンでは「段」のみで統一しているものもあります)

Q 1-4: (輪編みをマジックループで編むときに)針の端でねじり増目をすることができません。/針の端の編み目にはシンカーループがないので、拾えません。

Created with Sketch.

A: 編地を複数の針に分けた状態ではなく、ひとつの輪っかの状態にして眺めてみましょう。輪編みの編地はぐるぐると連続していて、すべての目と目のあいだにシンカーループが同じ状態で存在すること、どこでもねじり増目が可能なことが見えやすくなります。編み目を複数の針に分けてかけたときに、「端っこでシンカーループが拾いにくい」と感じる場合は、編地の切り替え位置をずらしてみたり、シンカーループを見えやすくする工夫をしてみるのもおすすめです。

Q 1-5: くり返しの読み方で迷っています。

Created with Sketch.

A: 英文パターン・文章パターンでは、文字数を少なくまとめるために、略語を使用しますが、同じ操作をくり返す場合には、括弧記号*(アスタリスク)の記号を使って、くり返しの説明を短くまとめて表現します。括弧には () [] など、いろいろな形のものが使われ、くり返しが複雑になる場合は、ちがう種類の括弧を組み合わせて表現される場合もあります。

様々な書き方がありますが、Yuccaのパターンでよく出てくる文例を紹介します。Yuccaのパターンでは、くり返しの内容・範囲が短い場合は括弧 () で、くり返しの範囲が長い場合に*〜* *〜; といった記号を使う書き方を選ぶ場合が多いです。

●()括弧と回数で説明する場合
文例 1: (k1, p1) 2回
文例 2:(k1, p1) を2回くり返す

意味:括弧のなかに書かれている「k1, p1」という操作を全部で2回くり返す、という意味。つまり、「k1, p1, k1, p1」を編むということになる。

●()括弧で説明する場合
文例1:マーカーまで(k1, p1)
文例2:マーカーまで(k1, p1) をくり返す

意味:括弧のなかに書かれている「k1, p1」という操作を「マーカー(が置いてあるところ)まで」くり返す、という意味。

●*アスタリスク+範囲を指定する場合・例1
文例: *k1, p1; *以降を段の最後までくり返す
意味:*の記号以降に書いてある内容=「k1, p1」を、段の最後までくり返す、という意味。

●*アスタリスク+範囲を指定する場合・例2
文例:
*段1: 最後まで(k1, p1)をくり返す.
段2: 最後までkをくり返す.*
*~*を更に3回くり返す.

意味:ふたつの*(アスタリスク)で囲まれている範囲を、更に3回くり返す、という意味。上記の場合は、アスタリスクで囲まれている範囲は「段1: 最後まで(k1, p1)をくり返す./段2: 最後までkをくり返す.」となる。

Q 1-6: 「(目を)かぶせる」とは何ですか?

Created with Sketch.

A: 複数の編み目のうち、編み目を別の編み目に「かぶせる」操作を行うことがあります。編み目に編み目をくぐらせるような感じの操作をするのですが、「伏せ止め」や「右上2目一度」などの図解付きの解説をご覧になるとわかりやすいです。

Q 1-7: PDFファイルの表示がおかしい、編み目記号の見分けが付かない等、パターンの表示に関する問題

Created with Sketch.

A: お使いの端末やアプリ、印刷(プリンター)によって、パターンを正しく閲覧・表示できない場合があります。その場合は、閲覧環境を変えて、再度お試しください。
パターンを印刷をする場合はプリンターの印刷の濃度で見えにくくなったり、印刷時に部分的に欠けてしまうことがあるため、元のPDFデータと同じように見えているかをご確認ください。

Q 1-8: パターンを編んでいて、わからないところが出てきてしまいました。

Created with Sketch.

A:正しく編めない場合、以下のような原因が考えられます。特に★印の項目がよくある原因となっていますので、ぜひ一度ご確認ください。

<チェックリスト>
・パターンの指示通りに編めていますか?読み落としはありませんか?★
・パターンに書かれていない操作を付け足したりしていませんか?★
・基礎技法を正しく理解できていますか?
・略語を正しく理解できていますか?→略語の紹介はこちらもどうぞ
・文章パターンの読み方を理解できていますか?
・パターンを正しく表示できていますか?(閲覧環境の問題)
・計算を間違えていませんか?

パターンに関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。パターンにエラー(誤り)がないかを確認し、ご回答をさせて頂きます。
個別のレッスンをご希望の方は、編み物教室のご案内も、ぜひご覧ください。 

Q 1-9: チャート・編み図は、どのように読みますか?

Created with Sketch.

A: Yuccaの文章パターンのなかに掲載されいてる「チャート(編み図/方眼のマス目と記号で示された図)」も、基本的には日本の編み図と同じ読み方です。

輪編み・往復編み共に、表面の段の場合:チャートの右端の1番めのマス目から編みはじめ、右から左に読みます。
往復編みの裏面の段場合:チャートの左端の1番めのマス目から編みはじめ、左から右に読みます。

チャートの途中の目から編む必要がある場合は、そのような指示が文中に記載されます。そういった特別な指示がない限り、通常チャート・編み図は、端の1番目のマス目から編みます。

Q 1-10:初心者向けにわかりやすく教えてください。

Created with Sketch.

A: 初心者さんの場合は、図解や編み方の様子が見られた方がよいので、初心者向けのわかりやすいテキストや書籍、編み物教室やワークショップなど対面のレッスンがおすすめです。よくご質問頂く基本的な技法については、YuccaのYouTubeチャンネルでもご紹介しているものがありますので、ぜひご覧ください。YouTubeは再生速度を落とすと、スロー再生でゆっくりとみることができます。

<おすすめの書籍>
「編みもの「英文パターン」ハンドブック
「棒針編み大全」
「新・棒針あみの基礎」

Q 1-11:印刷パターン・店舗での販売について

Created with Sketch.

A: (現在は休止中です)
Ravelryに登録されている毛糸ショップ(国内海外)の店頭にて、Ravelry In-Store Pattern Sales programに対応するパターンを購入して頂くことができます。

※2021年11月更新: PayPalの仕様変更のため、日本を含むいくつかの国でIn-Store Pattern Sales programが利用が停止されたため、現在はご利用頂けません。再開されるまでお待ちください。

2. 靴下編みのFAQ


Q 2-1: 靴下のサイズの選び方を教えてください。 

Created with Sketch.

A: Yuccaの靴下パターンの場合には、「足囲」を基準にしてパターンのどのサイズを編むかをお選びください。メリヤス編みの靴下の場合で、足囲の実寸より10%~20%ほど小さく仕上げると良いと言われています。
「足長」については、お好きな長さに編むことができるように解説を記載しています。実際の足長よりも1.5~2cmほど短い長さに仕上げるのがおすすめ。→amimono noteで公開中の「靴下編み計算表」もぜひご利用ください。

また、適切なサイズ選びができるように、まずは裸足の状態で「足囲」と「足長」の実寸を正しい姿勢で正確に測りましょう。糸の性質のちがいや個人差があるので、こまめに試着をしながら、好みの履き心地を目指してみてください。Yuccaの作例の多くは、こちらのサイズに合わせて作っています。

  • 足囲(ワイズ):親指と小指の根元の、一番幅が広くなっている部分の周囲の長さ
  • 足長:かかとからつま先までの長さ 

Q 2-2: 初心者向けの靴下のパターンを教えてください。 

Created with Sketch.

A: Ravelryにて、ビギナーさんにおすすめパターンを集めたページを公開していますので、ぜひご覧ください。


◎技術的にシンプルなもの:「neji_rib delta」「neji_rib」「Soda Water
◎模様編み有り・構造がシンプル・オーソドックスなもの:「Ruki」「Komorebi」「Urara」「3kaku
◎完成が早いもの:太い糸で編む「RUKI winter」「Zakkuri remix」「neji_rib remix」など

編み物をするのが初めての方や、文章パターンを読むのが初めての方の場合は編み物教室への参加もおすすめです。Yuccaのパターンを教材に教われる教室はこちらのページをご覧ください。

Q 2-3: おすすめのソックヤーンはありますか?

Created with Sketch.

A: 国内で比較的入手しやすいものでは、mominoki yarn sock fine 4pky、ITOBITO Sock、Regia Premium Merino Yak、amirisu Trek、Daruma superwash merino等がおすすめです。靴下編みに慣れるまでは、スーパーウォッシュ加工+メリノが75%以上の毛糸が、バランスよく扱いやすいです。
ravelryのパターンのページで、作品ごとの使用毛糸の情報もご覧いただけます。靴下編みに慣れてきた方には、ノーナイロン・ノンスーパーウォッシュのソックヤーンもおすすめです。

3. その他のFAQ

Q 3-1: パターンを利用して編んだ作品を販売してもよいですか?

Created with Sketch.

A: 市販の書籍の編み図や、ほかのデザイナーさんの有料デザイン・パターンと同様に、Yuccaのパターンも個人利用のみにお使い頂けます。販売のために利用することはできません。各パターン内にも明記しておりますので、ご確認ください。

以下の用途にはご利用いただけません:
商用利用、営利目的での使用。製作された作品の商品化、販売、コンテストへの出品。バザー・手作りサイトでの販売。複製や撮影をしたパターンの転載や、インターネットへのアップロード。パターンの再配布と再販売(お友だちや、ご購入者様以外の第三者の方に、コピーをして渡すこと、編み終わったパターンを販売することなども含まれます)。

商用利用が禁止されているデザインを使った商品をハンドメイドサイトなどに出品をすることは、販売サイトの利用規約でも禁止されている場合があります。

Q 3-2:編んだ作品の写真をSNSなどに掲載してもよいですか?

Created with Sketch.

A: 大歓迎です! #YuccaKnit やパターンのハッシュタグもぜひご利用ください。YouTubeやLive動画などでは、編み方のネタバレになる映し方はご遠慮ください。
また、パターンの内容を写した写真を掲載することもご遠慮ください。パターンの表紙のページは写っていても大丈夫です。迷われた場合はこちらのフォームからお問い合わせください。

Q 3-3: デザインを参考にさせてもらってもよいですか?

Created with Sketch.

A: パターンとして発表している作品については、正規の方法でご購入・入手をして頂き、個人利用の範囲でのご利用をお願い致します。パターンを購入せずに、デザインをそっくりそのまま再現をするような形での意図的なコピー・模倣行為はご遠慮ください。

Q 3-4:Yuccaの作品(ニット)の卸売・委託販売を希望しています。

Created with Sketch.

A: Yuccaでは、完成品のニットや有形商品の販売は行っておりません。Yuccaのパターンに関するご案内の詳細はこちらのページをご覧ください。

Q 3-5: ワークショップ・講座の講師のご依頼について

Created with Sketch.

A: Yuccaでのお取扱い商品・サービスの内容については、こちらのページをご覧ください。Yuccaでは編み物講師のご依頼はお受けしておりませんので、何卒ご了承ください。